月別アーカイブ: 2014年6月

第41回目更新「それでも笑顔ではたらいてほしいからオススメしたい本があるッ!

第41回の更新は、人材派遣会社 営業ぴろこさんにおすすめ本の紹介をしていただきました。
ご寄稿、ありがとうございました! 今回も、興味をそそられる紹介です。ご覧下さい!

残り10冊を切りました!!
「そうだ!そういえば投稿しようと思ってたんだった…!」ってひといませんか?(笑)。ぜひぜひお急ぎください。引続きご寄稿は大歓迎です!こちらよりご連絡下さい。

スターツ出版 OZmagazine mini『20代・30代で知っておきたい 女のマナーちゃんとレッスン』・会社員 ぴろこ

おすすめ本 File 092
「20代のマナーに自信のない女性の人たち」へ

会社員 ぴろこ

613Sc28RfUL._SL500_AA300_

この本は私がまだぴよぴよのひよっこだったころに、
大好きな先輩から誕生日祝いにいただいた本です。
社会人3年目位のころでしょうか…
やっと社会人に慣れてきた私に

「30代の頃に身についているといいね!がんばれ!」

といただいたのです。
シリーズものでしたので、他にも2冊いただきましたが、
手元にはこれしか残っていません。

この本はよくあるマナー本です。
サイズが小さく、厚みも薄いので、
移動の電車の中で広げても、迷惑にならないのでオススメです。
スターツ出版 OZmagazine mini『20代・30代で知っておきたい 女のマナーちゃんとレッスン』・会社員 ぴろこ

第40回目更新「それでも笑顔ではたらいてほしいからオススメしたい本があるッ!

第40回の更新は、二度目のご投稿、久しぶりの専業主婦&絵本読み聞かせボランティア三ツ口 和美さん サービス業 えいこさん の2名におすすめ本の紹介をしていただきました。
ご寄稿、ありがとうございました! 今回も、興味をそそられる紹介です。ご覧下さい!

残り10冊を切りました!!
「そうだ!そういえば投稿しようと思ってたんだった…!」ってひといませんか?(笑)。ぜひぜひお急ぎください。引続きご寄稿は大歓迎です!こちらよりご連絡下さい。

林真理子『野心のすすめ』・サービス業 えいこさんオススメ

おすすめ本 File 091
「野心家なんて必死!ぽくて恰好悪いと思っている人たち」へ

えいこ

091yashinこの本の紹介をする前に、20代の方って「林真理子」って知っているのかしら?と不安になったので少し紹介。
80年代に爆発的に売れた小説家さんです。(今ももちろん第一線級です)
その頃は小説家というよりエッセイストとしての印象が強かったですけどね。
今の若い人だったらan・anの最後のページの連載を書いている人って言えばわかるのかな?
人気もバッシングも両方かなりあった(ある)方です。
その方が80年代から今まで、なぜ第一線でやってこれたかが垣間見れるのがこの本です。

自慢と哀愁が織り交ぜになった本なので、気に入らない人もいるだろうとは思いますが、
共感できるところもあったのでオススメしようと思います。
林真理子『野心のすすめ』・サービス業 えいこさんオススメ

西内 ミナミ『ぐるんぱのようちえん』・久しぶりの専業主婦 三ツ口 和美

おすすめ本 File 090
「20代の、居場所がわからない…と感じている人たち」へ

三ツ口 和美

090gurunpa

子供たちに読み継がれてもうすぐ50年となる名作絵本です。
きっと幼いころに読んだ記憶のある方も多くいらっしゃるかと思います。
私は長男が2歳の頃に初めて出会いました。目を引く象と、きれいな色使い、そしてリズムのある言葉がとっても印象的です。

ストーリーは、一人ぼっちでさみしい象のぐるんぱが自分が必要とされる居場所を見つけるお話しです。
臭くて仲間外れにされ「さみしいな・・・」と泣き続けているぐるんぱが、ジャングルの他の象たちにきれいにしてもらい、「働きにおいき」と仕事に出されます。
西内 ミナミ『ぐるんぱのようちえん』・久しぶりの専業主婦 三ツ口 和美

第39回目更新「それでも笑顔ではたらいてほしいからオススメしたい本があるッ!

第39回の更新は、野尻さやかさんと、会社員 カメ吉さん の2名におすすめ本の紹介をしていただきました。
ご寄稿、ありがとうございました! 今回も、興味をそそられる紹介です。ご覧下さい!

「そうだ!そういえば投稿しようと思ってたんだった…!」ってひといませんか?(笑)。ぜひぜひお急ぎください。引続きご寄稿は大歓迎です!こちらよりご連絡下さい。

松岡修造『人生を強く生きる83の言葉』・カメ吉さんオススメ

おすすめ本 File 089
「20代の、太陽、もしくは富士山になりたい人」へ

カメ吉

089jinsei松岡修造といえば(呼び捨て!)今やポジティブの代名詞。あまりにもポジティブすぎて変わり者扱い。「修造のポジ」はネタ扱い……と、いきなり大変に失礼だがそういうイメージを持っている人は少なくないのではないか。

実際、修造の(もうここは呼び捨てで通すことにした)ポジティブワードには、何故か吹き出してしまう。修造が真剣なだけに、なおさら吹き出してしまう。中には「ポジすぎだし暑苦しい鬱陶しい」という反修造派もいるだろうが、反感を買うほどポジティブというところに、わたしはまたもや噴き出してしまう。

松岡修造『人生を強く生きる83の言葉』・カメ吉さんオススメ

姜尚中『悩む力』・野尻さやかさんオススメ

おすすめ本 File 088
「20代の、悩むことが苦手な人たち」へ

野尻さやか

088nayamuこの本は、私が20代の頃、仕事にも友人関係にも将来にも、
ただ漠然と不安にかられどうしようもない葛藤と戦っていた時にススメられて読み始めた本です。

その頃の漠然とした不安たるや、解決策も思いつかずただただ悩める子羊でした。
そんなちっぽけなことをウジウジ悩んでいる自分がとってもちっぽけで、また自己嫌悪に…。
悪循環。

この本に救われたことは、そんな悩むことが、大切な力だということです。

姜尚中『悩む力』・野尻さやかさんオススメ