作: 文化出版局編集部 写真: 石亀 泰郎『イエペは ぼうしが だいすき』・会社員 bambooさんオススメ

おすすめ本 File 085
「20代の、自分の好きなものに自信を持てない人たち」へ

bamboo

085この本は、イエペ君という帽子が大好きな男の子のお話です。

デンマークに住むイエペ君は、朝ごはんと寝る時以外はずっとお気に入りの帽子をかぶって、ご機嫌に過ごしています。保育園でも家でも、大好きな帽子をかぶって毎日楽しく過ごしています。
でもある日、保育園で友達に「変だよ!」と言われてしまいます。イエペ君は、帽子をかぶるのをやめてしまいます。

自分の好きなことを、誰かに「だっせー」とか「おかしい」と言われるのはすごく悲しい気持ちになります。そして、自分でも「おかしいのかな」「変なのかな」と考えるうちに、本当に好きなことや大切なことがわからなくなってしまう気がしました。

この本を読んで、犯罪や誰かに迷惑をかけないなら、好きなことは好きでいていいんだ。
自分の「好き」を誰かに否定されても、覚悟と自信をもって大切にしていこうと!と決意をしたことがあります。

就職時、私は自分の好きなこととはあまり関係のない部署に配属されました。細かい計算が苦手でイライラしたり、こんなこと何になるんだ……といまだに思ってしまうことも多いのですが、自分の中で「何かが好き」という気持ちがあると、なんだかそれまであやふやだった毎日が、ちょっとメリハリのあるものになってきた気がします。
辛いことがあっても、ちょっと拠り所ができるというか。
もう一つ素敵だなぁと思ったのが、保育園の先生やイエペ君の両親といった周りの大人達です。
帽子をかぶらなくなって元気をなくしてしまったイエペ君を心配するのですが、そっと彼を見守り、彼の「好き」を認めて接している姿が素敵なのです。

私は「そんな格好おかしい」「そんなことしていてどうなるの」「そんなこと無駄」とよく言われたので、昔を思い出してイエペ君がちょっとうらやましいな……と思ってしまいました。

幼児向けの本なので、あっという間に読めてしまうし、写真も素敵なので機会があればぜひ読んでみてください!

bambooさんのプロフィール

bamboo 会社員
www://kimonodanshi.jp
着物が好きで、こんなサイトを友人と始めました!ぜひご覧になってください!