月別アーカイブ: 2014年5月

第38回目更新「それでも笑顔ではたらいてほしいからオススメしたい本があるッ!

第38回の更新は、2回目のご投稿「Check4Life」制作・運営 森林章広さんと、会社員 bambooさんからのバトンを受けてくださったジュエリーデザイナー ひろさん の2名におすすめ本の紹介をしていただきました。
ご寄稿、ありがとうございました! 今回も、興味をそそられる紹介です。ぜひご覧下さい!
いよいよ100冊まであと15冊をきりました!!
「投稿しようとおもってたんだった…!」ってひといませんか?(笑)。ぜひぜひお急ぎください。引続きご寄稿は大歓迎です!こちらよりご連絡下さい。

森岡督行『荒野の古本屋』・ジュエリーデザイナー ひろさんオススメ

おすすめ本 File 087
「20代の、モラトリアムに悩む人たち」へ

ひろ

087kouya

この本、実はシリーズタイトルが「就職しないで生きるには」です。
今の若い皆様が就職する事に苦労しているのは重々承知ですが、
でも、こんな働き方(=生き方)もあるんだよ。ということで
今回こちらをオススメさせていただきます。

このタイトルにある古本屋というのは東京茅場町の川沿いに立つ古いビルの中にある森岡書店です。
古い写真集や写真家の自費出版本、そしてギャラリーのある書店です。
この森岡書店の店主が、大学を卒業してモラトリアム期を過ごし、
有名古書店で働き、一念発起して自分の店を持つなかで、
社会と距離をとっていた著者が自ら社会に近づいてゆく。
それが終始一貫した古い本と古い建物への愛情とともに語られています。
森岡督行『荒野の古本屋』・ジュエリーデザイナー ひろさんオススメ

松下幸之助『心得帖シリーズ』・「Check4Life」制作・運営 森林章広さんオススメ

おすすめ本 File 086
「20代の、一生懸命働いている君たち」へ

森林 章広

086kokoroe

経営の神様、松下幸之助。
松下電器産業(現在のパナソニック)の創業者です。

経営者として、そして哲学者としても有名ですね。

著書はたくさんありますが、超ロングセラーの「心得帖シリーズ」は、
あなたの一生のパートナーになると思います。

・社員心得帖(新人から中堅・幹部社員まで、働く喜びと生きがいを説く)
・人生心得帖(豊富な経験と鋭い洞察から得た生き方の知恵、人生の指針)
・商売心得帖(商売の本質と基本を説く時代を超えたベストセラー)
・経営心得帖(事業経営半世紀で培った経営の勘所、人事の要諦)
・実践経営哲学(60余年の事業体験から語る松下経営哲学の真髄)
・経営のコツここなりと気づいた価値は百万両
 (”好況よし 不況さらによし”経営のコツを披瀝した37話)
松下幸之助『心得帖シリーズ』・「Check4Life」制作・運営 森林章広さんオススメ

第37回目更新「それでも笑顔ではたらいてほしいからオススメしたい本があるッ!

第37回の更新は、会社員 bambooさんと、the design labo inc. Director 中上俊介さん 以上2名の方におすすめ本の紹介をしていただきました。
中山さんからは「それ本」はじめての「雑誌」のお薦めです。
あまり本を読まない人でも雑誌なら手に取りやすいですね!

ご寄稿、ありがとうございました! 今回も、興味をそそられる紹介です。ぜひご覧下さい!
いよいよ100冊まであと15冊!「投稿しようとおもってたんだった…!」ってひといませんか?(笑)。ぜひぜひお急ぎください。引続きご寄稿は大歓迎です!こちらよりご連絡下さい。

作: 文化出版局編集部 写真: 石亀 泰郎『イエペは ぼうしが だいすき』・会社員 bambooさんオススメ

おすすめ本 File 085
「20代の、自分の好きなものに自信を持てない人たち」へ

bamboo

085この本は、イエペ君という帽子が大好きな男の子のお話です。

デンマークに住むイエペ君は、朝ごはんと寝る時以外はずっとお気に入りの帽子をかぶって、ご機嫌に過ごしています。保育園でも家でも、大好きな帽子をかぶって毎日楽しく過ごしています。
でもある日、保育園で友達に「変だよ!」と言われてしまいます。イエペ君は、帽子をかぶるのをやめてしまいます。

自分の好きなことを、誰かに「だっせー」とか「おかしい」と言われるのはすごく悲しい気持ちになります。そして、自分でも「おかしいのかな」「変なのかな」と考えるうちに、本当に好きなことや大切なことがわからなくなってしまう気がしました。

作: 文化出版局編集部 写真: 石亀 泰郎『イエペは ぼうしが だいすき』・会社員 bambooさんオススメ

コンデナスト・ジャパン『WIRED』・the design labo inc. Director 中上俊介さんオススメ

おすすめ本 File 084
「20代のみんなの好奇心」へ

中上俊介

084学生にも新卒にも30歳手前のそこそこポジションの人にも転職活動中の人にも、誰にでも読んで欲しい雑誌です。

世界は広い。世界では様々なイノベーションが次々と毎日のように起こっています。
島国日本はとかく自国にばかり目が行きがちですが、日本にばかりに目を向けていてはこの先息苦しくなっていく一方でしょう。
かといって、豊かな文化教育を置き去りにされてきた日本の若者たちに、経済や哲学、政治や歴史まで日本と世界を並列に考察できるほどの知識や経験を求めるのはなかなか難しいです。それこそ個々の経験値は家庭環境や恩師次第といったところではないでしょうか。

コンデナスト・ジャパン『WIRED』・the design labo inc. Director 中上俊介さんオススメ

第36回目更新「それでも笑顔ではたらいてほしいからオススメしたい本があるッ!

第36回の更新は、フリーランスデザイナ 大川リヱさんさんと、派遣社員 ちはるさん 以上2名の方におすすめ本の紹介をしていただきました。

ご寄稿、ありがとうございました! 今回も、興味をそそられる紹介です。ぜひご覧下さい!
引続きご寄稿はいつでも大歓迎です!こちらよりご連絡下さい。

佐野洋子『100万回生きたねこ』・派遣社員 ちはるさんオススメ

おすすめ本 File 083 「20代のすべての人たち」へ

派遣社員 ちはる

083_neko100万年も 死なない 猫が いました。

100万回も 死んで、 100万回も 生きたのです。

りっぱな とら猫でした。

ではじまり

猫は もう、 けっして 生きかえりませんでした。

と終わる、
1977年に出版された佐野洋子作の180万部突破のロングセラー絵本で、
一匹の猫が輪廻転生を繰り返していく様を描いた「絵本の名作」と呼ばれることも少なくない作品です。
大人もじっくりと考えさせられる本です。
というか子供には難しいのではないかとさえ思えます。
というのも読み手によって様々な解釈ができると思えるからです。
実際にネットを見てみるといろいろな解釈を読むことができます。
佐野洋子『100万回生きたねこ』・派遣社員 ちはるさんオススメ

宮脇修一『「好きなこと」だけで生き抜く力』・フリーランスデザイナ 大川リヱさんオススメ

おすすめ本 File 082
「20代の好きなことを仕事にしたいと思っている人たち」へ

大川リヱ

082sukinakoto「好きなことを仕事にしたいな…」
誰でもが、少なくとも一度ぐらいは望むことではないでしょうか。

私達が人生の中で少なくない時間を割いていくことになる「仕事」なのですから、出来れば好きなことがいい。それは自然な願いだとおもいます。

しかし、胸を張って「私は好きなことを仕事にしています」と言えるひとはそれほど多くないような気もします。だからこそ、なおさら「好きなことを仕事にしたい」と願うのかもしれません。

この『「好きなこと」だけで生き抜く力』は、老舗フィギュアメーカー「海洋堂」の代表取締役 宮脇修一さんによる本。海洋堂はまさに好きなことを仕事にしている人たちの集まり。たとえフィギュアに興味がなくても、「好きなことを仕事にすること」がどういうことかの一側面を知ることができる本です。

宮脇修一『「好きなこと」だけで生き抜く力』・フリーランスデザイナ 大川リヱさんオススメ