喜多川 泰『手紙屋』・キャリアカウンセラー 村瀬頼子さんオススメ

おすすめ本 File 053
「20代の、就職活動に迷っている人たち」へ

村瀬頼子

053tegami学生の世界から未知の社会人の世界に踏み出す時の道案内をしてくれるかもしれない本です。

<どんなことについてかかれた本ですか?>  
就職活動に出遅れた主人公が、ひょんなきっかけから手紙屋と手紙をやりとりするうちに働くことの意味を見つけ出していくという内容です。
最初は疑心暗鬼だった主人公が、だんだん信頼感を持つようになり、自分自身で自分なりの答えを見つけて行動していく。それを一緒に体験できる本です。

<ご自身にとってこの本はどんな本ですか?>  
私がキャリアセラーとして若い方の就職支援をしていると知った方から「是非読んでごらん」と勧められた本です。読んでみたら、私も誰かに薦めたくなってしまった本です。

就職支援をしている中で、どうしたら受かるかを考え、就活本に載っている内容をコピペしてなんとかやり過ごそうとしている学生達に多く出会います。
私自身も学生達に対して、あれこれ指示したくなる時もあります。
そんな時、本人の可能性を信じて待つことの大切さを思い出させてくれる本です。

<20代の就職活動に迷っている人たちへオススメする理由はなんですか?>
就職活動は今まで過ごしてきた世界から全く違う世界への変化のための大事な期間だと思います。
今までの世界は、
「答えは決まっている」「目の前に用意された課題をまずはクリアしなきゃ」
「無駄な努力はしたくない」「必要のないことは考えない」
そう思わせる世界だったのかもしれません。
だからこそ、全く違う世界に行く前に一度ちょっと立ち止まってじっくり考えてみるのが実は大切なんじゃないかなと思います。
自分の現在地がわかると目的地も自然に見つかるかもしれません。
でもどうやれば良いのか?やり方がわからない。そんな時に一緒に寄り添って、『考える』お手伝いをしてくれる本だと思います。

<最後に、若者たちへのエールを!>
自分の持っている可能性を信じて下さい。必ず道は開けます。

村瀬頼子さんのプロフィール

村瀬頼子
キャリアカウンセラー
一介の専業主婦でしたが、誰かの役に立ちたいと思って、一所懸命勉強して、キャリアカウンセラーになりました。