加藤 昌治『考具 考えるための道具、持っていますか?』・IT現場の仕事人 内田 考郎さんオススメ

おすすめ本 File 017
「20代の、考えるとは何? アイデアが欲しいと思う人たち」へ

内田 考郎

017kougu<どんなことについてかかれた本ですか?>
仕事のうえで、学生として勉強、研究するなかで、生活のなかで、気にも留めずに行っている活動「考える」。 皆さんは一体、どうやって考えていますか?
改めて「考える」と言う事について効率よく、考える方法・手段について書かれた本です。

<ご自身にとってこの本はどんな本ですか?>
驚きと何気ない普段の行動を見直した切掛けとなった本です。
手にとって、読んでみて、
序章の辺りで問われる質問や行動についてパッと答えられなかった自分が居ます。

 ~あなたは考えるための『道具』を持っていますか?~

<20代の、考えるとは何?アイデアが欲しいと思う 人たちへオススメする理由はなんですか?>
書かれている内容で、すでに知識として知っている手法もあるはずです。
しかし、冒頭から「考える」事についての身近な考察、行動へ移すための実践方法、
そして、考えるためのあらゆる 道具 (シンキングツール)の紹介と幅広い活用方法。
また、道具は使う人によって、使い方も、使いやすさも違います。 次のステップへと繋ぐ
ところまで本書には書かれており、自分なりの「考える」を得ることが出来ます。

<最後に、若者たちへのエールを!>
物事を「考える」と言っても、無から有を作り出すことは大変難しいと思います。
無からではなく、今、目の前にあることをちょっとだけ、違う角度から見てみたり、
違う立ち位置から見れば、「何だ、こんなに簡単だったのか!」 となるのはよくある話です。
最初から、「考える」のをあきらめたり、誰かに任せたりするより、何倍も楽しくなれます。
ほんの少し踏み出す切掛けになればと思い、ご紹介させていただきました。

内田 考郎さんのプロフィール

ucchi内田 考郎
IT現場の仕事人