渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』-会社役員・浅井豊彦さんのオススメ

おすすめ本 File 003  
「20代の、自分らしさって何だろうって悩む人たち」へ

浅井豊彦

「自分らしく生きたい」「自分のやりたい事を仕事にしたい」そう思う20代の人は多いんじゃないかと思います。
あの大ヒット曲「世界に一つだけの花」も「No.1にならなくてもいい、もともと特別な Only one」と言ってます。これを聞いたとき「自分らしさ」「自分のやりたいこと」が簡単に見つからない人はどうしたらいいんだろう?って思ったのです(へそ曲がりですね)。

「自分らしさ」ってなかなか見つかりませんよね。私も50年生きてますが「自分らしさ」って何だろうと思ってしまいます。
中には「自分らしさ」とか「自分のやりたいこと」がわからず悩んだり、仕事につくことに躊躇や怖れを感じる人がいるかもしれません。

そんな人にお勧めなのが「置かれた場所で咲きなさい」という本です。ベストセラーになっているようなので、もう知っている人も多いかもしれません。
与えられた環境、与えられた仕事を一生懸命やることで、自分らしく生きることとはどういうことなのかを見つけ出してゆく…そう考えることで、あらかじめ自分らしさをわからないといけないというような「強迫観念」めいたものから解放されるように思います。まずは置かれた環境で精一杯生きることを優先させ、そこから「自分らしさ」を追求してもいいんじゃないかと思います。
私はバックパック担いでインドやヨーロッパを回っても良い経験にはなるけど「本当の自分」には出会えないと思っているので、まずは自分の置かれた環境から出発することが大事じゃないかと思います。

この本の著者は渡辺和子さんというノートルダム清心学園の理事長さんでシスターです。冒頭の書き出しが「修道者であっても、キレそうになる日もあれば、眠れない夜もあります。」という一文で始まるのですが、私はこの一文に大笑いしてしまいました。「そうだよね、人間だもんね」と思いました。そういう意味では説教臭くない、サバけた修道者のエッセイ集とでもいう本です。中には宗教っぽくて合わないと思う部分もあるかもしれませんが、こんな発想や視点で考えてみたらどうだろう?っていうヒントを知るってくらいの感覚で読んだらいいんじゃないかと思います。
ちなみに単行本は1,000円しますが、私は電子書籍(Kindle版)で読みました。こっちは857円でした。

浅井豊彦さんプロフィール

浅井豊彦さん

浅井豊彦(あさいとよひこ)。
株式会社東海共同印刷 取締役。

オフィシャルサイトURL http://www.tkp.co.jp